HOME風俗営業許可申請トップ >許可の要件A

構造設備的要件

「営業」の種類によって建物の構造的条件は違います。

風俗営業の種別

営業所の構造又は設備

1号(キャバレー)

3号(ディスコ、ナイトクラブ)

a 客室の床面積は、1室66u以上(ダンスをさせるための客室の部分の床面積がその5分の1以上)であること。

b 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。

c 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

d 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

e 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

f 営業所内の照度が5ルクス以上であること。

g 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

2号(スナック)

a 客室の床面積は、和室の場合1室9,5u以上、その他のものについては、1室16,5u以上であること。(客室の数が1室のみの場合は、除く。)

b 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。

c 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

d 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

e 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

f 営業所内の照度が5ルクス以上であること。

g 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

h ダンスのための構造又は設備を有しないこと。

4号(ダンスホール)

a 客室(ダンスをさせるための営業所の部分)の床面積は、1室66u以上であること。

b 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。

c 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

d 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

e 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

f 営業所内の照度が10ルクス以上であること。

g 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

5号(低照度飲食店

a 客室の床面積は1室5u以上であること。

b 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。

c 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

d 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

e 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

f 営業所内の照度が5ルクス以上であること。

g 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

h ダンスのための構造又は設備を有しないこと。

i ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。

6号(区画席飲食店

a 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること。

b 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

c 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

d 営業所内の照度が10ルクス以上であること。

e 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

f ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。

g 長イス等を設けないこと。

7号(パチンコ店、スロット専門店、雀荘など

a 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

b 善良の風俗等を害するおそれのある設備を設けないこと。

c 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

d 営業所内の照度が10ルクス以上であること。

e 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

f ぱちんこ屋及びスロットマシン等の営業にあっては、当該営業に用いる遊技機以外の遊技設備を

設けないこと。

g ぱちんこ屋及び遊技の結果に応じて客に賞品を提供して遊技をさせる営業の場合は、営業所内の

見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること。

8号(ゲームセンター、

ゲーム喫茶店など

a 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。

b 善良の風俗等を害し、又は少年の健全な育成に障害を及ぼすおそれのある設備を設けないこと。

c 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。

d 営業所内の照度が10ルクス以上であること。

e 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないこと。

f 紙幣を挿入することができる遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供することができる

遊技設備を設けないこと。

 
icon必要書類・手数料へすすむ
 

 
 
iconページの一番上に戻る
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク