HOME風俗営業許可申請トップ >深夜酒類提供飲食店営業届出

深夜酒類提供飲食店営業届出

深夜における酒類提供飲食店営業とは
 
深夜(午前0時から日出時までの時間)までにおいて、設備を設けて客に飲食をさせる営業のうち、客に酒類を提供して営む営業(営業の常態として、通常主食と認められる食事を提供して営むものを除く)をいいます。(届出の前に、保健所の飲食店営業許可の取得が必要となります)
 

届出に必要な書類

深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書…1通
 
営業の方法を記載した書面
 
営業所の平面図
 
住民票(本籍又は国籍記載のもの)の写し
 
 
法人の場合は以下の書類も必要です。
定款及び登記簿の謄本 
 
役員全員の住民票(本籍又は国籍記載のもの)の写し
 

営業できない場所

第一種地域(都市計画法で定める第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域及び第二種住居地域)
 
この地域内では深夜酒類提供飲食店は営業できません。
 
詳細はこちら >>風俗営業許可・場所的要件

風俗営業との関係

一般に風俗営業の飲食店午前0時以降の営業ができません。
深夜酒類提供飲食店午前0時以降も営業できます。が、接待行為ができません。
 
この両方の営業を同一の店舗で行うこと(午前0時までは風俗営業で、0時を回ったら接待無しの飲食店に変身)は、時間外営業という脱法行為を誘発するおそれがあるため、認められません。
 
そのため、どちらか一方を選択することになります。
 
 

接待とは(警察庁の風営法解釈運用基準)

定義=接待とは、「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をいいます。
 
つまり、特定の客または客のグループに対して、単なる飲食行為に通常伴う役務(サービスのこと)の提供を超える程度の会話やサービス行為等を行うことです。また、接待は異性によるものに限られません。
 
具体的には以下のような行為が接待として判断されます。
 
1.談笑・お酌等
 
特定少数の客の近くにはべり、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲
食物を提供したりする行為は接待に当たる。
 
これに対して、お酌をしたり水割りを作るが速やかにその場を立ち去る行為、客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為及びこれらに付随して社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為は、接待に当たらない。
 
2.踊り等
 
特定少数の客に対して、専らその客の用に供している客室又は客室内の区画された場所において、歌舞音曲、ダンス、ショウ等を見せ、又は聞かせる行為は接待に当たる。
 
これに対して、ホテルのディナーショウのように不特定多数の客に対し、同時に、踊り、ダンス、ショウ等を見せ、又は歌若しくは楽器の演奏を聞かせる行為は、接待には当たらない。
 
3.歌唱等
 
特定少数の客の近くにはべり、その客に対し歌うことを勧奨し、若しくはその客の歌に手拍子をとり、拍手をし、若しくはほめはやす行為又は客と一緒に歌う行為は、接待に当たる。
 
これに対して、客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことを勧奨し、又は不特定の客の歌に対し拍手をし、若しくはほめはやす行為、不特定の客からカラオケの準備の依頼を受ける行為又は歌の伴奏のため楽器を演奏する行為等は、接待には当たらない。
 
4.遊戯等
 
客とともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為は、接待に当たる。
 
これに対して、客一人で又は客同士で、遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為は、直ちに接待に当たるとはいえない。
 
5.その他
 
客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為は、接待に当たる。ただし、社交儀礼上の握手、酔客の介抱のため必要な限度で接触する等の行為は、接待に当たらない。
 
また、客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為も接待に当たる。
 
これに対して、単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為、客の荷物、コート等を預かる行為等は、接待に当たらない。
 
icon風俗営業許可トップへ戻る
 

 
 
iconページの一番上に戻る
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク