HOME>遺言・相続トップ

遺言・相続

遺言書作成・相続手続き・相続相談・遺産分割協議書の作成・相続人調査・尊厳死の宣告書作成などの業務を通じて、老後の不安解消をサポートしています。
 
「備えあれば憂いなし」
 
争族になる前に当事務所へご相談下さい。
 
 
 

相続とは

 
人が亡くなったことにより、その人の持つ財産上の一切の権利を特定の者に承継させることです。
 
民法882条には、「相続は、死亡によって開始する」とあります。つまり、人が亡くなった瞬間から相続は開始されるのです。
 

法定相続

法定相続とは
遺産の分配の仕方については、トラブルを避けるため民法で相続人の資格や順位などを明確に定めています。これを「法定相続」といいます。
 
したがって遺言書がない場合、原則として「誰が」「どれだけ」相続するかは法律で自動的に決まってしまいます。
 
※ただし、相続人全員の合意があれば、法律で定められた形にとらわれない分け方も可能です。
 

法定相続人

 
法定相続人とは
法定相続人には「配偶者相続人」と「血族相続人」がいます。
 
配偶者相続人…法律上婚姻関係にある夫や妻。常に相続人になります。逆にいうと婚姻関係にない場合(内縁の妻や夫など)は同居期間の長短にかかわらず、相続人にはなりません。
 
血族相続人  …@子や孫(直系卑属といいます) A父母や祖父母(直系尊属といいます) B兄弟姉妹、というように相続の順位が定められています。上位の者が1人でもいれば下位の者は相続人にはなれません。
 
配偶者がいれば配偶者とともに相続します。
 
例:配偶者と子がいる場合、A父母 B兄弟姉妹 は相続人にはなりません。
 
 
第一順位:子
 ・嫡出子(法律上の婚姻関係にある夫婦間の子)
 ・非嫡出子(法律上の婚姻関係にない男女間の子)
 ・胎児
 ・養子(普通養子と特別養子)
 
が相続人となります。
 
代襲相続
故人の子が既に死亡しているか相続欠格、廃除されている場合、その子に子(故人から見て孫)がいれば、その子が相続分を引き継ぎます。
 
孫がいなければひ孫が引き継ぎます。(再代襲といいます)
 
ただし、兄弟姉妹の子(故人から見て甥や姪)については代襲は一代限りで、甥や姪の子は代襲しません。
 
 
第二順位:父母
故人に子や孫がいない場合、父母が相続人となります。
父母の双方がいなければ祖父母が相続人となります。(父母の一方がいれば祖父母は相続人にはなりません)
 
 
第三順位:兄弟姉妹
第一、第二順位の相続人がいない場合は兄弟姉妹が相続人となります。
 

法定相続分

法定相続分とは
法定相続の場合、遺産の取り分も法律で定められています。
取り分の割合は法定相続人の構成によって異なります
配偶者のみの場合は配偶者がすべて相続します。
 
 
@配偶者+子  の場合
配偶者と子が2分の1ずつ相続します。
子が複数人いる場合はこの2分の1をさらに人数で等分します。
配偶者がいない場合は子がすべて相続します。
 
非嫡出子がいる場合、この子の取り分の割合は嫡出子の半分です。(嫡出子2:非嫡出子1となります)
平成25年12月5日,民法の一部を改正する法律が成立し,嫡出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等になりました(同月11日公布・施行)。
 
胎児がいる場合、嫡出子と同じ取り分の割合です。ただし、出生してはじめて相続権を得ます。
養子は嫡出子として扱われます。
 
 
A配偶者+父母  の場合
故人に子や孫がいない場合、父母(双方ともいなければ祖父母)が配偶者とともに相続します。
この場合の取り分は配偶者が3分の2、父母が3分の1となります。
 
 
B配偶者+兄弟姉妹  の場合
故人に第一、第二順位の相続人がいなければ故人の兄弟姉妹が配偶者とともに相続します。
この場合の取り分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。
兄弟姉妹が複数人いる場合はこの4分の1をさらに人数で等分します。
 
このときに父母の一方が異なる兄弟姉妹(異父、異母兄弟姉妹)がいる場合、その兄弟姉妹の取り分は父母の双方が同じ兄弟姉妹の半分になります。(同父母兄弟姉妹2:異父、異母兄弟姉妹1となります)
 
 

 
 
iconページの一番上に戻る
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク