HOME宅建業免許申請トップ>免許取得後の義務

宅建業免許取得後の義務

宅建業者は免許取得後、法令、規則を遵守しなければなりません。そのため、以下のような義務が課せられています。
 
 
専任の取引士の届出
 
取引士は、従事先の商号(名称)や免許証番号などを、遅滞なく変更登録申請をしなければならないことになっています。
 
 
標識の掲示等の義務
 
宅建業者は、公衆の見やすい場所に宅建業者である旨の標識(業者票、報酬額表)を掲示しなければならない、とされています。
 
 
証明書の携帯等の義務
 
宅建業者は、従業者にその従業者であることを証する証明書を携帯させなければ、その者をその業務に従事させてはならない、とされています。(宅建業法48条第1項)
また、従業者名簿を事務所ごとに備え、最終の記載日から10年間保存しなければなりません。
 
 
帳簿の備え付けの義務
 
宅建業者は、事務所ごとに業務に関する帳簿を備え付けなければなりません。
また、帳簿は閉鎖後5年間(自ら売主となる新築住宅に係るものは10年間)は保存しなければなりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
HOME建設業許可農地転用許可申請事務所概要お問い合わせサイトマップリンク